電子書籍の広場

1月 2019
12月 2018
11月 2018
1月 2018
12月 2017
6月 2017
10月 2016
4月 2016
6月 2015
7月 2013
5月 2013
11月 2012
8月 2012
7月 2012
11月 2011

高品質の電子書籍(ePub)をすべての人に

電子書書籍のロイヤリティ

電子書書籍のロイヤリティ
 
数日前に、Piyo ePub Communications から「電子書籍」として出版されている先生方に、四ヶ月分のロイヤリティを送金しました。
 
お一人の先生の書籍(2冊)の出版数や、ロイヤリティの累計をチェックしてみました。
2年間で、合計130冊(95冊+30冊)ほどの販売で、ロイヤリティの合計は、6,400円ほど。
一冊の定価が 100円、もしくは 200円で、平均のロイヤリティは、40 ほどですので、キリスト教会における「電子書籍」の<芽生え>の時期としては、<すごい!>ですね。
 
ePub 販売中_2018-1201 (1)


来年も、楽しみです。

ご購入くださいました皆様に、感謝致します。

 
 
 
電子書籍の販売ストア
 
Amazon Kindle ストア>
 https://amzn.to/2FFg7f9
 
Apple iTunes Store iBooks Store)>
 https://itunes.apple.com/jp/author/piyo-epub-communications/id672082835?mt=11
 
楽天ブックス(楽天Kobo)> 
 https://books.rakuten.co.jp/search/dt/g101/klbelPiyo+ePub+Books/
 
BookWalker(角川書店、他)>
 https://bookwalker.jp/author/80749/
 
Google Play ブックス>
 https://play.google.com/store/search?q=Piyo%20Bible%20Ministries&c=books

ーーーー

*わかりやすい、伝道用の書物は、クリスチャンのみならず、多くの方々が「電子書籍」で購入されています。

 

「電子書籍」による最初の「Amazon プリント・オン・デマンド(POD)」出版

「電子書籍」による最初の「Amazon プリント・オン・デマンド(POD)」出版。
    11月に、「試し」に、取り組んでいた POD出版ですが、12/5 から「取扱店(Next--)からの出版が可能となりました。
今回の『兜と剣』は、自らの証を含めたノンフィクション小説です。
 兜と剣_表紙
・第1章 「兜と剣」----- 藤本義一文学賞(第1回) 応募作品。(2015
・第2章 「御巣鷹の夏」----- 神戸新聞の「パールエッセー」応募作品(
1990
・第3章 「カザフスタンへ」(1章、2章を含む —> 書名『兜と剣』)
  —— KindleAmazon/よしもと原作開発プロジェクト」応募作品(2017


 これで、近放伝の「電子書籍」や、「Piyo ePub Communications」から「電子書籍」を出版された先生方の 著書も、「印刷本」としての配布(販売)が可能となりました。
 
● Amazon Kindle ストア(POD出版)

  https://amzn.to/2Q6Q62B