『ピヨ ePub ニュース<著者版>』(No.9)


『ピヨ ePub ニュース<著者版>』(No.9 2020-0124 を「電子書籍」の著者の先生方へ送信しました。
  
『ピヨ ePub ニュース<著者版>』(No.8 2018-1204 から、1年ほど経過しましたが、最近の「電子書籍」とPOD版(Amazon プリント・オンデマンド)の動向をについてのお知らせです。
 
Amazon で販売中の 電子書籍とPOD版>
https://amzn.to/2RnxAlB
 
 
*新規出版の「電子書籍」と「POD版」

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_39b0e UNADJUSTEDNONRAW_thumb_399d5 UNADJUSTEDNONRAW_thumb_39079
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
1. 2019年12月25日に、20冊目の「電子書籍」、『カイザルと神』を出版しました。

 また、先生方の「電子書籍」の POD版発行を、2019年1月から開始しました。

 <参考記事> 
 「電子書籍」と「Amazon プリント・オン・デマンド(POD)」、および「オーディオブック」について
 https://salty-japan.net/?p=2434
  
 <POD 発売中(定価)>
 大橋秀夫先生:「信仰のふるさと」 1,500円)
 亀井俊博先生:「まれびとイエスの神」(2,000円)、
        「モダニティ(上巻)」(700円)、
        「カイザルと神」(700円)
 奥田昭先生: 「キリスト教が言う罪とは何か」(800円)
 中出繁兄:  「サムソンのように・・ではなく」(1,000円)

 近放伝:  ・「キンポーデンの心のハチミツ(No.2)」(800円)
 井草晋一: ・「兜と剣」(500円)
 
 
2. POD版の発行の Amazon 取次会社(Next-Pub:大手のデジタル出版会社)から連絡があり、アメリカやヨーロッパの各国でも 日本の POD が「印刷本」として購入できるように、今年の1月から順次対応を進めるとのことです。
 これで、先生方の著書が「電子書籍」だけでなく POD版として、各国でも購入できるようになります。
 日系人や在留邦人にとっても、朗報だと思います。


<以下略>

ーーーーーーーーーー
 
今年も、楽しみな一年になりそうです。
 
「オーディオブック」の発行にもチャレンジ!!

ーーーーーーーーーー

・「電子書籍」出版サイト(5社:セルフパブリッシング 対応)
  
Amazon Kindle ストア>
 https://amzn.to/2Q6sAl1
 
Apple Books iBooks Store)>
 https://itunes.apple.com/jp/author/piyo-epub-communications/id672082835?mt=11
 
楽天ブックス(楽天Kobo)> 
 https://books.rakuten.co.jp/search/dt/g101/klbelPiyo+ePub+Books/
 
BookWalker(角川書店)>
 https://bookwalker.jp/search/?order=rank&qlab=3047&qaut=80749&np=1
 
Google Play ブックス>
 https://play.google.com/store/search?q=Piyo%20Bible%20Ministries&c=books


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー