電子書籍の広場

1月 2019
12月 2018
11月 2018
1月 2018
12月 2017
6月 2017
10月 2016
4月 2016
6月 2015
7月 2013
5月 2013
11月 2012
8月 2012
7月 2012
11月 2011

高品質の電子書籍(ePub)をすべての人に

<ePub>『平和の全人的理解に向けて』

平和の全人的な理解に向けて
~20世紀の旅~

平和の全人的理解

Toward a Holistic Understanding of Peace: The Twentieth-Century Journey
ドルトン・ライマー ( Dalton Reimer:フレズノ・パシフィック大学教授 )

「平和」とは、メノナイトのみならず、広く世界においても、20世紀に探求し続けられるバリュー(価値)であった。メノナイトでは、平和は16世紀以来、アナバプティスト(再洗礼派)の始まりから、核となる聖書的価値である。それは、メノナイトの景観の一部であり、常に目前に置かれた景色ではなくとも、その裏に広がる風景の部分なのだ。何らかの混乱が起こるときに、平和が前景として語られることになる。20世紀は、多くの混乱に満ちていたので、世紀の大部分を通して、平和の問題が前景に踊り出た。しかしそうなったのは、私がここで記するように、それぞれ別の理由もある。
しかし、このエッセイの目的は、特に北米メノナイトに関連づけながら、しかしそれだけではなく、前景として語られる20世紀における平和の概観を提供することである。北米メノナイトの間の、この旅のより詳細な内容を知りたい方は、レオ・ドリージャーとドナルド・B・クレイビルが書いた「メノナイトの平和を作る働き、静寂主義から行動主義へ(1994)」そしてポール・テーブズの「アメリカ社会のメノナイト諸派1930-1970(1996)」を参照されたい。

(----> 以下は、ePubファイルをダウンロードしてお読みください。)

■<ダウンロード ePubファイル>
 
『平和の全人的理解』



----------------------


● ドルトン・ライマー先生 セミナー  

              福音聖書神学校にて  2003.4.21.  

『 “Peacemaking” 平和と和解へのアプローチ(対人関係) 』            
  [参考資料1]

  • このドルトン・ライマー先生の論文は、2003年4月21日に開催された、福音聖書神学校

 (池田市)でのセミナーの資料として、配布されたものです。
  論文を使用される場合は、ご連絡下さい。
  著者の了解を得てWEB上に掲載しています。



Fresno Pacific University
Center for Peacemaking and Conflict Studies