亀井俊博牧師の7冊目の「電子書籍」が発売開始!


本日(
12/23)、亀井俊博牧師の7冊目の「電子書籍」が発売されました。
 
現代社会にあって、いかに生きるかを私たちに問いかけている、とても大切な内容の著書です。
みなさま、ぜひ、ご一読くださいますよう、ご案内とお勧めをいたします。

ーーーーーーーーー

 *画像(表紙)をクリックしてご覧ください。
Kaizaru-to-Kami_cover (1)

亀井俊博牧師による『カイザルと神』 〜ナラティヴ社会神学試論〜」には、様々な領域で「正しいこと(義、正義)」「善(愛)とされること」の価値観が揺れ動かされている現代社会に生きる私たちに、問いかけ、行くべき道を指し示すとても大切な内容が記されています。
イエス・キリストは、「あなた方は、世の光です。地の塩です。」と弟子たちや大群衆を前に語られました。
遣わされた社会での使命と責任をあらためて見つめ直し、心に刻むためにも、ぜひ、ご一読くださいますよう、お勧めいたします。
 
著者は、「はじめに」の中で、次のように述べています。

私たちも、「私のナラティヴ」を語り伝えてゆきたいものです。
 

(編集者)

ーーーーー
 

『ナラティヴ(語り)』
 私的ナラティヴ(語り)

「ナラティヴ」(narrative、語り)とは私自身によって語られる物語であり、既成の物語とその内容を意味する「ストーリー」(story、既成の物語)とは異なる。実存的な私の語りだと言われます。1960年代、文芸理論として提唱された概念で、最近はセラピーでも用いられています。私は日本の伝統文化を受け継ぐ「語り部」を、何事かの体験の証し、ナラティヴと解釈して継承したいのです。 
・・・・・
ナラティヴな福音書
私の信奉するキリスト教でも、新約聖書の第2区分の「手紙」には教義や、倫理、教会共同体論が書かれていますが、第1区分は4つの「福音書」と言う物語集です。
2千年前、イエス・キリストと言う強烈な印象を与えた人物に出会い、生き方が変えられたた人々は、単なる教義に回収できない何かを感じ、生々しいイエス像を4つの視点(生活の座)から物語ったのだと思います。ナラティヴ(語り)でないと伝わらない何かがあるからです。勿論、4つの異なる視点の根底に、それらを支える(生命の座:神の国、ヘーゲルの言う理性、滝沢克己の言うインマヌエルの原点)原点があることも含めてです。これに倣って私の関心のある「社会神学」と言う分野をナラティヴと言う形でお話しさせて頂きます。この分野の多様なナラティヴ提示の一助となることを願っています。
 
カイザルと神
 社会神学については序論で詳しくお話ししますが、聖書に面白い話があります。ユダヤ人から憎き支配者ローマ帝国のカイザル(皇帝)に、税を納めるべきかどうか問われたイエスが、「カイザルのものはカイザルに、神のものは神に返しなさい。」(マルコ12:17)と答えられた有名な逸話です。カイザルに象徴される激動する社会と、変わらない神の愛、どちらにも係るのがホーリステイックな人間の生き方だと言うのでしょう。そこにこの書で社会と神学の両面を取り扱う意味があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

●新刊の「電子書籍」のご案内 (12月15日 発行)

新刊の「電子書籍」のご案内 (12月15日 発行)
 
Tsumitowa_Nanika_cover
奥田昭先生の3冊目の「電子書籍」、『キリスト教が言う罪とは何か』が、Amazon Kindle ストア から販売開始となりました。 (定価:200円+税)
本日(12/14)より、購入いただけますので、ご案内いたします。
皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。
 
Amazon Kindle ストア
https://amzn.to/2Ed2RQO
 
ピヨ バイブル ミニストリーズ
Piyo ePub Communications
代表:井草晋一
 
ーーー
<紹介文>
キリスト教における「救い」とは、「罪からの救い」であるとクリスチャンの友人から聞いたり、教会の礼拝で耳にします。
けれども、日本人としての文化的、宗教的伝統や価値観からは、なかなか「罪」の意味することがわかりにくいのが現実ではないでしょうか。
奥田昭牧師による『キリスト教が言う罪とは何か』は、一番知りたい、聞いてみたいと思う「罪とは何か」をとてもわかりやすく解き明かしている、キリスト教の手引書です。
 
「キリスト教、プロテスタント、福音派の立場(私はその立場に立つ者です)の中心は、イエス・キリストの十字架による罪からの救いと解放と信じます。聖書自体がその基本を創造、堕落、贖罪とする救済史の一大物語ですし、イエスの十字架が屋台骨にあるからです。したがって、罪を知り、理解することは、とりもなおさず、その真理を学ぶだけではなく、その真理を自分のものとして信じることにつながるからです。」(「序論」より)
 
初めて聖書を手にする皆様も、クリスチャンの皆様も、ぜひ、ご一読くださいますよう、心よりお勧めいたします。
 
(編集者)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『信仰のふるさと』が発売開始となりました!

大橋秀夫先生(クライストコミュニティ チャーチ 顧問牧師:福音自由教会)の3冊目の電子書籍『信仰のふるさと』が、Amazon Kindle ストア、楽天ブックス(Kobo)、Google Play ブックス から発売開始となりました。(発行日:10月1日)
 
お友達や教会の皆様にも、ぜひ、ご紹介ください。
聖書と信仰生活からのメッセージ、とても読みやすいエッセーです。 

Amazon Kindle ストア  <— クリック!

楽天ブックス(Kobo)  <— クリック!

Google Play ブックス  <— クリック!

Apple Books    <— クリック!

Book☆Walker    <— クリック!



Shinko-no-Furusato_cover


 ——————————————————————————————————————————


もうすぐ、創立記念日!!

もうすぐ、創立記念日!!
10月5日に「新たな誕生がある」との幻(ビジョン)を受けてスタートした「電子書籍」の制作と配信に寄与する『Piyo ePub Communications』。
早いもので2011年から数えて8周年。

モンブランのケーキでお祝いしよう!

(^○^)//

皆様のご支援に感謝いたします。
—————————————————————

『サムソンのように・・ではなく 〜パレスチナ紛争の和解を願って〜』が販売開始


"Piyo ePub Books" としての、17冊目の「電子書籍」、『サムソンのように・・ではなく 〜パレスチナ紛争の和解を願って〜』が販売開始となりました! (発行日:5月25日)

 
著者の 中出 氏は、日本メノナイトブレザレン教団の周南キリスト教会(JR徳山駅から車で10分)の会員です。
長らく、第一神殿時代の記述預言者の研究をされており、すでに多くの著書を出版されています。
 
なお、著書の中で用いておられる聖句は、中出繁 氏による「個人訳」です。
 
ーーーーー
 
<書籍の紹介>
 
1人の青年牧師がイスラエル留学中に出会った、若いパレスチナ人女性。
パレスチナ問題と聖書の背景を扱う中で、真実な愛と信仰、和解について問いかける小説、『サムソンのように・・・ではなく』。
(112ページ)
  
「楔形文字」の研究や「第一神殿期の記述預言者」の研究に、長年に渡って従事して来られた、中出 氏による「〜パレスチナ紛争の和解を願って〜」の青春小説です。
長きに渡る会社勤めの中で、若い牧師や青年たちを見守り仕えて来た、メノナイト派(プロテスタント)の教会員、また役員経験者としての思いが溢れる、まさに現代の「キリスト教青春小説」。
  
電子書籍とPOD(プリント・オン・デマンド)出版により、あなたのもとへ!!

 Amazon Kindle ストア  <— クリック!

 Apple BooksiBooks  <— クリック!

 楽天ブックス(kobo  <— クリック!

 Google Play ブックス  <— クリック!

 BookWalker (角川、他)  <— クリック!


Samson no yoni - dewanaku_2019-05_F

——————————————————————————————————————————


『人はサルから進化したのか?』奥田昭 著、好評発売中!!

奥田昭先生の2冊目の著書『人はサルから進化したのか?』が、Amazon Kindle ストアを始め、5社から好評発売中です。
(発行日:2019年ん3月5日)

 Amazon Kindle ストア  <— クリック!

 Apple Books   <— クリック!

 楽天ブックス(kobo  <— クリック!

 Google Play ブックス  <— クリック!

 BookWalker (角川、他)  <— クリック!


POD版(プリント・オンデマンド:Amazon から、一冊でも「印刷本」として購入できる)が発売されましたら、あたらめてご案内いたします。

最初の著書『イエスのメッセージ』も、POD版として発売の予定です。
 
ーーーーーーーーー

<紹介文>

 奥田昭牧師による聖書の最初の書物(旧約聖書・創世記)からの、とてもわかりやすい天地創造、人間の誕生についての解説です。
「創造論」についての主要な見解と「進化論」の問題点について理解を深める中で、神様からの祝福に満ちた知恵を受け取られることでしょう。
 日本のキリスト教会から久しぶりに出版された、「天地創造」と「創造論 vs. 進化論」のわかりやすい「キリスト教入門書」、待望の一書です。
初めて聖書を手にされる皆様に、そして、クリスチャンの皆様に、心よりお薦めいたします。

 
「電子書籍版」、「POD版(プリント:オン・デマンド)」ともに、ご愛読ください。

(編集者より)

ーーーーーーーーー

cover イエスのメッセージ_表紙-3_2017-1225

———————————————————————————————————

モダニティ 下巻「近代民主主義、近代資本主義とキリスト教」


亀井俊博先生の「電子書籍」としての6冊目の著書、『モダニティ 下巻「近代民主主義、近代資本主義とキリスト教」』が本日、発売開始となりました。
皆さま、ぜひ、ご一読ください。

 
*以下の各販売ストアをクリックしてご覧ください。

Amazon Kindle ストア  <— クリック!

楽天ブックス(Kobo)   <— クリック!

Google Play ブックス  <— クリック!

Apple Books <— クリック!

Book☆Walker <— クリック!

Modenity-B_cover_a

————————————————————————————————————————————————

『モダニティ 上巻-近代科学とキリスト教』の Amazon POD版(印刷本)


本日(1/26)、亀井俊博先生の『モダニティ 上巻-近代科学とキリスト教』の Amazon POD版(印刷本)が届きました。
(先日、確認のために購入したもの)


モダニティ_上巻「近代科学とキリスト教」_a_2019-0126

モダニティ_上巻「近代科学とキリスト教」_b_2019-0126


写真:右側の B5版(76ページ:700円)
(左側は、20091225 に出版された底本)
 
チャートもスキャナーで読み込んで画像修正したので、綺麗に印刷されています。
 
「電子書籍」で出版されたものが「印刷本」としても、一冊からでも購入できるとは、便利な時代になりましたね。
(^O^)//
  
https://amzn.to/2COdgkH <— クリック!

———————————————————————————————————————

モダニティ 上巻「近代科学とキリスト教」


亀井俊博先生の『モダニティ 上巻「近代科学とキリスト教」』の電子書籍が販売開始となりました。 (発行日:1月10日)
 
*以下の各販売ストアをクリックしてご覧ください。

Amazon Kindle ストア  <— クリック!

楽天ブックス(Kobo)  <— クリック!

Google Play ブックス  <— クリック!

Apple Books <— クリック!

Book☆Walker <— クリック!


 Modernity-A_cover

 
<使用聖書> 口語訳聖書
 
ぜひ、ご一読いただければ感謝です。

なお、Amazon POD出版(プリント・オンデマンド:一冊からでも「印刷本」として購入できる)は、来週から販売開始となります。
 
POD
版:700円(B5版・76ページ)

==================

 
 亀井俊博牧師による、モダニティ 上巻「近代科学とキリスト教」は、現代社会とキリスト教について、「近代科学」との関係において論説されています。
 この「講話」を読み進まれる皆様は、新たな光、洞察に富んだ知恵を見出されることでしょう。

 2009年12月25日に発行されたこの書籍の「電子書籍化」にあたり、亀井牧師が以下の一文(抜粋)を記されておられます。
 
ーーーーーーーーーーー
・・・・・
 そこで、本書、略称「モダニティ、上巻」の位置づけをお話します。
 キリスト教原理論と言える教義学『「まれびとイエスの神」講話』に於いて、神の創造の秩序として、関係の神学を説いています。即ちキリスト教の説く創造者なる神の被造世界を大きく人称関係、非人称関係に分節しました。
 本書は神の被造世界の中での、非人称関係即ち自然との関係を、近代科学との関係で解明しています。近代科学のキリスト教起源論に立つ説論です。そして、それは被造世界の人称関係、非人称関係いずれも原関係である創造者なる神との関係によってこそ成立する、と主張するキリスト教神学からは当然のことであります。
 「はじめに神は天と地を創造された」(創世記1:1)、と聖書冒頭の宣言の通りです。

ただ、古代、中世科学と近代科学の成立には大きな飛躍があり、そこにキリスト教の影響なくして起こりえなかった歴史的ユニークさがあるのです。従来の啓蒙史観による、近代科学非キリスト教起源論との違いを解明したものです。
・・・・

(2018年12月25日)

———————————————————————————————————

新着ePubのご案内