電子書書籍のロイヤリティ

電子書書籍のロイヤリティ
 
数日前に、Piyo ePub Communications から「電子書籍」として出版されている先生方に、四ヶ月分のロイヤリティを送金しました。
 
お一人の先生の書籍(2冊)の出版数や、ロイヤリティの累計をチェックしてみました。
2年間で、合計130冊(95冊+30冊)ほどの販売で、ロイヤリティの合計は、6,400円ほど。
一冊の定価が 100円、もしくは 200円で、平均のロイヤリティは、40 ほどですので、キリスト教会における「電子書籍」の<芽生え>の時期としては、<すごい!>ですね。
 
ePub 販売中_2018-1201 (1)


来年も、楽しみです。

ご購入くださいました皆様に、感謝致します。

 
 
 
電子書籍の販売ストア
 
Amazon Kindle ストア>
 https://amzn.to/2FFg7f9
 
Apple iTunes Store iBooks Store)>
 https://itunes.apple.com/jp/author/piyo-epub-communications/id672082835?mt=11
 
楽天ブックス(楽天Kobo)> 
 https://books.rakuten.co.jp/search/dt/g101/klbelPiyo+ePub+Books/
 
BookWalker(角川書店、他)>
 https://bookwalker.jp/author/80749/
 
Google Play ブックス>
 https://play.google.com/store/search?q=Piyo%20Bible%20Ministries&c=books

ーーーー

*わかりやすい、伝道用の書物は、クリスチャンのみならず、多くの方々が「電子書籍」で購入されています。

「電子書籍」による最初の「Amazon プリント・オン・デマンド(POD)」出版

「電子書籍」による最初の「Amazon プリント・オン・デマンド(POD)」出版。
    11月に、「試し」に、取り組んでいた POD出版ですが、12/5 から「取扱店(Next--)からの出版が可能となりました。
今回の『兜と剣』は、自らの証を含めたノンフィクション小説です。
 兜と剣_表紙
・第1章 「兜と剣」----- 藤本義一文学賞(第1回) 応募作品。(2015
・第2章 「御巣鷹の夏」----- 神戸新聞の「パールエッセー」応募作品(
1990
・第3章 「カザフスタンへ」(1章、2章を含む —> 書名『兜と剣』)
  —— KindleAmazon/よしもと原作開発プロジェクト」応募作品(2017


 これで、近放伝の「電子書籍」や、「Piyo ePub Communications」から「電子書籍」を出版された先生方の 著書も、「印刷本」としての配布(販売)が可能となりました。
 
● Amazon Kindle ストア(POD出版)

  https://amzn.to/2Q6Q62B


Amazon Kindle ストアでの 12冊目の「電子書籍」発売中!

Amazon Kindle ストアでの 12冊目の「電子書籍」発売中!
 
10月31日の宗教改革記念日にあたり、「電子書籍」による亀井俊博先生の「教義学」の書、『「まれびとイエスの神」講話 〜脱在神論的「人間関係の神学」物語〜』を出版いたしました。


cover_marebito


おそらく、福音派、聖書信仰のサイドからの「電子書籍」による「教義学」、「神学書」としては最初の書籍になるのではないかと、感慨を新たにしています。


Amazon の電子書籍(セルフパブリッシンブ)としては、12冊目になりました。 他に、4社からも販売開始の予定です。

 Amazon Kindle ストア

 Apple iTunes Store iBooks

 ・楽天ブックス(kobo

 Google Play ブックス

 BookWalker (角川、他)
 


今回の書籍も含め、販売中の書籍が皆様のお手元に、また、心に届きますようにとお祈りいたします。


<日本キリスト者オピニオンサイト -SALTY-
近放伝の電子書籍 ただいま配信中!井草晋一
 https://salty-japan.net/?p=2340

Amazon Piyo ePub Books
 
https://amzn.to/2z0IdBl


「電子書籍」の利用アンケート

『電子書籍の元年』と言われた2012年の IDPF(国際電子出版フォーラム)国際カンファレンス」から5年が経過しました。 iPhone や各種のスマホ、パソコンで電子書籍を利用されている方々が年毎に増加してきています。

この度、新たな電子書籍の可能性を見極めるために、以下のアンケートを作成しました。
ご協力くださいますよう、よろしくお願い致します。 
 
・アンケートの後半では、キリスト教関係の「電子書籍」についての項目があります。
・100名の回答をお寄せいただいた段階で終了いたします。
・アンケート期間:5月25日まで
 
<アンケート>

https://jp.surveymonkey.com/r/MKJV6R5
 
ーーーーーーーーー

<参考>
2012年『IDPF 国際カンファレンス』
http://piyo-epub.com/blog-2/files/312ef81f6a0bf0a7cc11b481252ccf04-6.html
 


*『キンポーデンの心のハチミツ』
 2016年5月15日 配布予定

Kokorono_A11-15 (1)

Piyo ePub Communications
Piyo Bible Ministries
 代表:井草晋一


 

本年度(2015年)の『国際 電子出版 EXPO』の案内状

本年度(2015年)の『国際 電子出版 EXPO』の案内状が届きました。
(日程:7/1~7/4/場所:東京ビッグサイト)
 
今年も、主催者からの「VIP 特別招待券」も同封されていました。
 Piyo ePub Communications
 ピヨ バイブル ミニストリーズ
として。
 
国際電子出版EXPO_2015-案内 (3)
 
 
2012年の「国際電子出版(IDPF)フォーラム」から参加していますので、今年は4年目の参加となります。

ただ、今年は『第10回 日本宣教学会 全国研究会・総会』が関西学院大学 梅田キャンパスで 7/4(土)に開催されるので、参加の有無も含めてただいま、思案中 です。

2010年5月28日に Apple の iPad の発売が開始され、「電子書籍」が iPad でも iPhone 3GS でも読めるとのことを知って、電子書籍の制作と公開(出版)に取り組み出しました。
(2011年10月5日に、Piyo ePub Communications を設立)
 
それから早くも5年となります。
今や、ほとんどの人が、iPhone や iPad 、各種のスマホやタブレットを利用されていますね。

キリスト教界全体としての「電子書籍出版」の拡大と有効利用を願い、私も主イエスさまの導かれるままに力を尽くしていこうと祈っています。
 
<キリスト教関係の電子書籍 のサイト>
皆様、どうぞご利用ください。

http://piyo-bible.com/Piyo_Bible_Ministries/E-Books/E-Books.html
新着ePubのご案内